プロレスの歴史と時代


プロレスの歴史と時代

著名・無名に関わらず、誰もかれもがブログを書く、ブログ全盛の時代である。
ブログとは、“更新方法を簡素化することで、個人の情報発信に新しい文化をもたらしたWEBサイトもしくはツール”(という説明で間違ってはいないと思う)のこと。
ブログの功罪は大きく、一般のブロガーであっても、その内容が書籍化され人気作となったり、ブログをきっかけに何らかのステータスを獲得したブロガーは多い。むしろ、こうした世に埋もれた才能の開花を促すことこそ、本来ブログが持つ意義でもあった筈だが、この他にも、ブログの代表的な特徴としては、“炎上”と呼ばれる、いわゆる、非難・誹謗中傷が特定のブログに殺到するWEB特有の現象なんかもある。
もちろん、この場合は、ブログ管理者の問題行為(犯罪や反社会的言動)をきっかけとするケースがほとんどだが、世の中には、(実は元上司なのだが)ブログ炎上コンサルタントなるものまでいたりもするから驚く。
また、著名人であればファンとのコミュニケーションツールとなり、ブログの内容を作りこむことでイメージアップにだって役立つ。人によっては、その内容や発言がテレビやマスコミにも取り上げられ、大きく伝わる反面、更新回数が減るだけでファンやマスコミの無責任な憶測を生み、当人が何かしらの問題で、その渦中にいようものなら、炎上の誘発、もしくは見ず知らずの第三者から説明責任を求められるという恐ろしい側面だってある。
さて、随分前置きが長くなってしまったが、“ブログを書くプロレスラーは多い”。
いや、今となっては、タレントにモデル、アスリート、文化人、政治家まで、本当に多くの著名人がブログを書いているので、正確には“ブログを書くプロレスラーも多い”もしくは、“発展途上当時から、ブログを書くプロレスラーは多かった”と記すべきところか。
今号より短期連載をする本コラムでは、“ここ”に行き着くその過程を、当時のエピソードや特徴的出来事を交え、ブログが進化を遂げていく背景と共に紹介、さらには、ブログを効果的に使いこないしてる代表的なプロレスラー(格闘家)や、恐れず、その逆の事例なんかも挙げてみたいと思う。
当然、ネットやブログの成り立ちや背景には、解説を加えざる得ない箇所もあり、既にご存知の方にはご容赦頂きつつ、そうでない方にとっては興味本位とともに読んで頂ければ幸いである
[PR]
# by a68fg46ea | 2009-09-25 16:31

    

プロレスの歴史と時代
by a68fg46ea
カテゴリ
全体
格闘技
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入り
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧