プロレスの歴史と時代


キン肉祭

5月29日(金)は記念日制定後、3度目の“キン肉マンの日”(詳しくはコチラから)。昨年の1度目はキン肉マン映画祭が、2度目はすき家&なか卯を運営するゼンショーとのコラボ会見がそれぞれ行われ、29周年から30周年へ、肉イヤーも行き着くところまで行き着き、3度目となる今回の記念日では、遂にプロレス・イベント=『キン肉マニア2009』が開催されることになった。

キン肉マン映画祭で、ゆでたまご嶋田先生から発せられた「キン肉マンを実際のリングに上げたい」という発言は、リップサービスでもなんでもなく、先生の悲願であり、本心だ。故に、周辺関係者は、嶋田先生からの予期せぬ発言に慌てふためき、以後“リアル・キン肉マン”の話題に触れることはタブー(というか、“できれば避けたい”的なニュアンス)として流された時期もあった。

ただ、嶋田先生は、本当に純粋無垢な人なのだ。

昨年から、「キン肉マンを好きな人だけを集めた、恩返しイベントをやりたい」という話しは何度も聞いていたし、実際に動かれていたこともあった。

その後の経緯は分からないが、察するに、ここに色んなアイデアが加わり、『キン肉マニア』に発展していったのだろう。関係者でさえ、当初は対応できずに戸惑いをみせた“リアル・キン肉マン”構想を具現化すべく、その水面下では懸命な準備を進められていたのだ。

それだけではない。

それこそ、「業界を活性化したい」といいながらも、結局は何も考えず、動かず、それでいて、自己の利益ばかりを主張するレスラー&関係者が数多く存在する業界において、昨年末の『K-1 Dynamite!!』に出場したキン肉万太郎のように、周囲の反対をおし切ってでも盛り上げ役を買って出る嶋田先生が持つ“業界に恩返しをしたい”という想い――。今回も同様に、キン肉マンをきっかけに、プロレスを観る人がいる。プロレスの楽しさを感じてくれる人がいる。プロレスを好きになってくれる人がいる――。

キン肉マンのイベントながらも、その裏テーマは(公言していたが)“プロレスへの還元”でもあったという。


グッズ売場では、KYORAKU“ぱちんこキン肉マン”のお試しコーナーもあり、ミートくんの格好をした女の子たちがファンを出迎えた
迎えた“肉マニア”当日は、平日昼間にも関わらず、会場前に大蛇の列が作られた。

実はこれ、16時から販売されるグッズ目当てのファンが1時間前から列を成し、その数は軽く300名はいたように思う。

これには驚いた。

驚いたというか、キン肉マンの存在を、少なからず見くびっていたのかもしれない。

よく集客が悪いイベントにおいて、関係者が「まあ、平日だから仕方ない」と言い訳していることを耳にすることはあったが、ホントに求心力を持ったイベントにはまず関係ない話しであり、ここに改めてキン肉マンが持つ影響力の大きさを痛感することにもなった。

“肉マニア”をプロレスイベントとカテゴライズするなら、未来永劫、2度とこのようなプロレスイベントは生まれないだろう。グッズの購入にはチケットを見せる必要があったので、グッズだけを購入して帰るというファンは、“基本”いなかったわけで、(グッズだけを目当てにやってくるファンがいるというのもすごいことなのだが)振り返っても、瞬間的にグッズが売り切れたプロレス・イベントって、90年4月の“日米レッスルマニア”くらいしか思い浮かばない。
[PR]
by a68fg46ea | 2009-10-17 15:24

<< キン肉マン、本物のリングに登場へ      東京プロレス >>

プロレスの歴史と時代
by a68fg46ea
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入り
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧